二重まぶた整形の埋没方法

医師とスタッフ

美容整形にも様々な施術がありますが、その中でも特に人気となっているのが二重まぶたを作る施術です。顔は目元でかなり変化しますが、一重の目元は地味に見える、目が小さく見える傾向にあり、ぱっちりとした二重に憧れる人は少なくありません。メイクでもテープなどを駆使することで一時的に二重のラインを得ることができますが、あくまで一時的な効果なので、毎日メイクを行う必要があります。

その点、美容整形であれば、一度の施術で半永久的な効果を得ることができます。二重まぶた手術にも様々な種類がありますが、特に人気となっているのが切らずに二重のラインを作ることができる埋没法です。これは吸収されない特殊な糸を使うことで、二重のラインを作ることができる施術で短時間で行うことができ、ダウンタイムが短いというメリットもあります。

傷跡も目立つことがなく、もしもラインが気に入らない場合も、比較的容易にラインを変更できるのもメリットです。切開を行う施術に比べると二重のラインが取れやすい傾向にあり、もともとまぶたの脂肪の厚い人は特にとれやすいとされています。

埋没法にも様々な種類があり、比較的低価格で行える施術もあれば、より自然に仕上がる、ラインが取れにくいより高品質な施術もあります。施術を行う医師の技術力によっても仕上がりはかなり変わってきますので、理想の仕上がりにするためにも医師選びは慎重に行っていきましょう。

二重まぶたにする目の整形

目元を気にする

美容整形の中でも人気の二重まぶたにする整形。二重まぶたにするためにはどんな方法があるのかご紹介します。二重まぶた整形には大きく分けて3つの種類があります。まずはまぶたを切らない埋没法です。

埋没法は細い特殊な糸を使い、まぶたの裏側の二重を作りたいラインに沿って二カ所留めるというものです。手術時間はわずか10分と短く、価格も安いため人気があります。2つ目は部分切開という方法がです。部分切開は二重を作りたいラインを1、2㎝切開し、余分な脂肪を取ったあと縫合します。

この方法はまぶたが厚く、埋没法では糸が取れてしまう方に向いていると言われています。手術時間は約20分です。最後は半永久的な二重まぶたになる全切開法です。全切開法は二重を作りたいラインを3、4㎝切開し、余分な脂肪を取り出すものです。手術方法は部分切開とほぼ同じですが、部分切開ではまぶたの腫れぼったさが取れない方や、外国人のような幅の広い二重にしたい方におすすめな方法です。

手術時間は30分ほど、強い腫れが取れるには2週間ほどかかりますが、強固なラインが作ることができ、半永久的に二重まぶたを維持できます。自分のまぶたにあった整形をして納得の目を手に入れたいですね。

Category